本文へスキップ

設立

1994年(平成6年)夏
TBS「土曜深夜族トンガリ編」にレギュラー出演していた俳優の
下村和啓と齊藤あきらによって設立。
齊藤あきら 最新主演映画情報

旗揚げ公演

1995年(平成7年)
1月27日(金)~29日(日)
『レンタルLIFE』 @千本桜ホール
脚本・演出:下村和啓

タレントの吉内里美(「株式会社舞夢プロ」所属。現在は、タレントの西山浩司さん〔欽ちゃんファミリー/イモ欽トリオ〕と夫婦で代々木上原にて「皆月」という小料理店も経営。お近くに行かれた方は是非!)、
座・芝居屋さん(現・グワイニャオン)の座長・西村太祐、同劇団の看板女優・神崎みほ、看板俳優・吉増裕士(現・ナイロン100℃ 所属)ら実力者が出演し、以降数作品出演。劇団創成期を共に築いてくれる。

現在、劇団の正式メンバーであり、全作品に出演(第3回公演以降その大半の作品で主演を務める)している夏谷理恵もこの旗揚げ公演より参加。

指針

設立当初は【傷痕の残る演劇】をコンセプトにし、これまで“温かさの中に激しい衝撃を秘めた心熱くなる作品”を描き続け…
シアタートラム、東京芸術劇場・小ホール、シアターサンモールなどで公演を行う。

近年の活動

2006年(平成18年)にシアタートラムで上演した『シンクロニシティー 千年の龍が刻む足跡』の後、数年間活動を休止。

2012年に再開。
その第1弾として、NHK特番ドキュメンタリー「不屈の者たちへ」のテーマソング『妄黙のカラス』を作詞/作曲・歌唱したシンガーソングライターの高満洋子と共に
【下村和啓×高満洋子プロデュース】という形で、ワーサルシアター提携のもと『ツキヨミノヒカリ』を上演。

2014年からは、
劇団主宰者・下村和啓の旧友で、殺陣師でもある俳優の明樂哲典(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属)と共に
【Human b.主催/明樂道場】をスタートさせ、2015年の夏にそのプロデュース公演『それでも僕は太陽を背に荒野を行く』を笹塚ファクトリー提携のもと上演。

2016年~2018年は公演を行っていないが、
2018年12月現在、2019年の夏頃に劇団本公演を予定し、それに向けての準備を徐々に開始しつつ、201年の晩夏に劇団派生ユニットとして立ち上げた『東京演劇女子』の活動、プロモートを行う。

2019年2月には、Human b.with 東京演劇女子という形で「せんがわ演劇祭~リーディング・フェスティバル~」に参加。





2017年の晩夏、劇団創立22周年を迎えたHuman b.が 、劇団の派生ユニットとして全員一般公募で立ち上げた若手女子で構成された集団。

演劇を軸に、歌&ダンス+寸劇のLIVEなどを行ってゆく演劇的アイドルユニットで、
基本的に半年~1年以内周期で芝居中心の小劇場公演を、その間に歌&ダンス+寸劇のLIVEを行ってゆきつつ、CDリリース(インディーズ)も計画。
その知名度・人気の上昇にともないその活動の範囲を拡張させてゆく、Human b.の新たなチャレンジ集団です。